fc2ブログ

能登キリシマツツジ

【能登キリシマツツジ】を知ったのは3年ほど前になるかなぁ と思います 。
能登半島は、キリシマツツジの古木群として日本一(≒世界一)の分布を誇る そうです。
開花時期は4月下旬~5月中旬。花の見ごろは7~10日間程度 と短い。
満開になると遠くからでもわかる 深紅色の花びらが 葉が見えなくなるほど密集して咲く。
この時期、「オープンガーデン」として お庭を公開しているのは ほとんどが個人のお宅
なので、お作法を守って 迷惑にならないように 見せていただく ということであります。

5月14日(日)
金沢駅で七尾までの往復切符を求め、予定より一つ早い電車に乗りました。余裕です。
七尾駅で「のと鉄道・里山里海号」乗り換えに1時間10分、待ち時間があるので 駅の案内人に
尋ねると「一本杉通りの 花嫁のれん、今日までの公開展示だから 行ってらっしゃい」と。
ずっと以前にツアーで来て観たことはあるけど 目の保養にと いってみることにしました。




IMG_4746_20170517224147096.jpg



IMG_4754.jpg



IMG_4762_2017051722414800d.jpg





IMG_4764_20170517224150c29.jpg







IMG_4772_20170517224151769.jpg

綺麗 豪華で ため息が出ました。



IMG_4780.jpg

七尾駅に戻ってくると オッ 「花嫁のれん号」 到着です


IMG_4797.jpg

 12:38発 のと鉄道 観光列車(要予約)に乗ります


IMG_4784.jpg

里海号 車内は青色で統一、木の部分は石川県の県木 アデの木を使用 その装飾も素晴らしいです。

IMG_4792.jpg

車窓から、海のこちら側は 田植えの最中です 田鶴浜

                IMG_4785.jpg  

寿司御膳、 和倉温泉の寿司屋さんのもの 美味しかったです。



IMG_4804.jpg

中島駅に10分間停車、鉄道郵便車「オユ10 2565」車内が見物できます


IMG_4800.jpg

車内はこのようになっています。
鉄道郵便車は、昭和32年~46年まで 72両が製造された郵便客車です。
北海道から九州まで全国各地の郵便物を車内で仕分けしながら走った車両。
昭和61年に廃止になりましたが、現在は2両のみ保存されているのです。
ここ中島駅と もう1つは「オユ10 2555」中央郵政研究センターに。



IMG_4807.jpg

出発時間まぎわに 駅舎の中を覗いてみました。
仲代達也さんの「無名塾」を応援するグッズがいっぱいあります。
「能登演劇堂」は直通バスで来たことあるけど、のと鉄道 風情あり。


IMG_4812.jpg

風光明媚な七尾湾の沿岸を走っていきます


IMG_4826.jpg

遠く 「能登島」に架かる 「ツインブリッジ」 が見られます


IMG_4828.jpg

鹿島神社・海に浮かぶ鎮守の森は絶好のシャッタースポットとか。


IMG_4829.jpg

根木の「ボラ待ちやぐら」が見えてきました

IMG_4838.jpg

車内の照明が消えて真っ暗闇に トンネル内に このイルミネーション仕掛け!


短いトンネルを抜けると すぐに穴水駅(終着駅)です

IMG_4839_20170519123703749.jpg

遠藤関のお迎え 
駅前には相撲の幟がずらっとはためいていました。
そうだった。穴水町は遠藤関の出身地でした。

宿に着く前に 2か所 行きたいところあり。しかし 
歩いて回るには ちょっと 荷もつが重い。で
ドライバーに交渉 ¥2.000でいいよ( ^ω^)
来迎寺・明楽寺・潮騒の道へと 周ってもらいます。


IMG_4841_20170519123704ed7.jpg

先ずは「来迎寺」ここの菊桜、根元の樹齢は730年 
現在の枝は3代目で250年といいます。
1つの花に300枚以上の花びらが付く(山桜系)だそうです。
本日は もう 葉桜でございましたぁ

IMG_4842.jpg

嵯峨天皇御親筆勅額
勅定山 来迎寺
奥様が寺院内の戸を あちこち開けてくださいました。


IMG_4849.jpg

真言宗の古刹である。1186年に本堂を再建、本尊阿弥陀如来像をお祀りしてあります。


IMG_4845_20170519221741aa2.jpg

本堂右手上に観音堂があります。


IMG_4852.jpg

おや?この扁額、 平成7年とあるから
石川県知事になられた翌年に書されたのかなぁ



IMG_4856.jpg

明楽寺の能登キリシマツツジです・見頃は1週間ほど前 だったようだ。


IMG_4858.jpg

躑躅の下に、なんとまぁ深い色した蓮の葉!  目 奪われる


IMG_4861.jpg

「キャッスル真名井」 ロビーから穴水湾 眺望できるんだぁ・・・

チェックイン済ませ 
眼下に位置する「潮騒の道」に行ってみます。



IMG_4871.jpg

途中、この藤のムラサキが べっぴんだったね



IMG_4877.jpg

「潮騒の道」 ここから 入って行きます



IMG_4886.jpg

湾だから 海は波もなく とても穏やか 気持ちのいいところです。



IMG_4895.jpg

潮騒の道 まだまだ続きますが 左頭上にゆくことにする。
 山の道に分け登ります。真名井に戻る近道 だと考えて。


IMG_4897.jpg

ここまで上がってきて、ちょっと心細くなってきました。


IMG_4898.jpg

陽が下からさしていて 更に・・・


IMG_4901.jpg

健康の道? さらに・・・



IMG_4904.jpg

これなんだろう ここの灯台?

やっと この山の上に着いてホッとしました


IMG_4911.jpg

部屋に帰って穴水湾を。夕日が落ちていく方向は 輪島のあたり?

5月15日(月)
朝6時、ホテル客用の小浴場は 見晴らしも良く きれいで落ち着きました。
レストランもまた 穴水湾を眼下に、新鮮な食材 丁寧に料理された和食で
ここは親しい人にお勧めできるところだと思いました。


IMG_4918.jpg


この旅の目的地、 「萬年寺」(ばんねんじ)へ向かいます。
バス停「城山住宅前」を目指すも
途中で山道が3つに分かれていて そこで迷っていたら 結果 
乗り遅れて 次は1時間20分後、しまったー。

IMG_4922.jpg

役場の横を流れて穴水湾にそそぐ 小又川 長谷部橋から




IMG_4929.jpg

支流が合流して眞名井川に、 この三角州にあるのが「法性寺」。 城山橋から

宇出津駅前ゆきの路線バスに乗ります
 「鵜川」で降りればいいというので慌てて そこで降りましたが
「七見」のバス停は その2つ後にあるのだ!
スマホで位置検索すると「萬年寺」ここからそう遠くはないので
広い山道(国道249)を汗かきながらテクテク上っていきます。


IMG_4935.jpg

山の藤も あちこちで沢山 花をつけている


IMG_4937.jpg

右に下っていく小路があり 海が見える、行ってみよう


IMG_4942.jpg

綺麗な 静かな海です


IMG_4943.jpg

手前の看板に 英語表記もしてあります。
16th Sumo GRANDCHAMPION
ŌNOMATSU-MIDORINOSUKE,
monument



IMG_4950.jpg

ここは海抜4.5mです


IMG_4951.jpg

やっと辿り着けました!




IMG_4953.jpg

萬年寺 山門を上がっていきます



IMG_4955.jpg

わーっ 目がくらむ


IMG_4956.jpg

18世紀に建立された本堂


IMG_4958.jpg

境内から七見の海が見下ろせます。
「立山連峰が幻想的に浮かび上がる日もあります。自然現象で雨晴れに関係なく‥」とのことでした。



IMG_4963.jpg

庭園には 能登キリシマツツジ


IMG_4964.jpg

路地にあるキリシマツツジ古木(樹齢200年)、 見頃は5月6日ごろでしたぁ


IMG_4966.jpg

石垣の間に咲いていた深紅の躑躅、 魅せられました。


IMG_4970.jpg



IMG_4973.jpg



IMG_4976.jpg



IMG_4982.jpg



IMG_4983.jpg



IMG_4985.jpg



IMG_4993.jpg



IMG_4995.jpg

樹齢300年の 藤ノ木

IMG_4996.jpg


「自然界の神仏でもある草花に癒され、心なぐさめる花の寺でありたい」
広大な敷地に様々な花木が植えられている。 キリシマツツジには
「わが子を慈しむように」植えているのだそうです。




IMG_5006.jpg

「七見」のバス停で {宇出津駅前ゆき}に乗ります
乗ったバスが これまた ちぃちゃー 可愛くて、これ何人のりなの?


IMG_5012.jpg

バスは山から下りて 海岸沿いに走ります

宇出津駅前で降り 天日干しの魚などを買い、お手洗い済ませ
 穴水ゆきのバスに乗ります。いま来た路線を 戻るわけです。
穴水駅
帰りの「のと鉄道」、2両編成のブルー きれいな電車なのに
乗ったのは私一人ではありませんか?


IMG_5019.jpg

曇り(汚れ)ガラスを指でこすってみたけど 取れず 諦めたら、
運転手さん、水出しワイパーをかけてくださった。
 けれど取れず。 互いに苦笑


IMG_5021.jpg

鹿島駅は桜のトンネルで有名、4月に来ましょう


IMG_5024.jpg

どこかの駅で 高校生たちが大勢 乗ってきたけど
平日はこんな感じなのかなぁ

今回、「のと鉄道」を利用して、なんだか 応援したい気持ちでいっぱいになりました。





      

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こころにぜいたくな”旅”でしたね。
中能登ゆったり旅は皆自分で計画建てられたのでしょうか?
その気になれば見どころいっぱいなんですね。
≪乗ったのは私一人ではありませんか?≫そこが心配です。

Re: No title

最近、行きたいと思う場所あると 即計画たてます。それなりに楽しいです。

5年ほど前に5人で金沢から珠洲まで高速バスで行ったことがありますが、ただただ遠かったです。
昔、穴水から 珠洲まで電車が通っていたのですよね。
観光ブームの今思うに、1車両でもいいから 存続していたらなぁ・・と残念です。
「花嫁のれん」号は何時も満席で 間際では予約が取れません。が「里山里海号」は七尾湾沿線を走るので
絶景だし 予約も取りやすいです。
『新幹線で金沢に来たお客さんへ告ぐ。ついでに是非「のと鉄道」で絶景の旅を。』といいたいのですが
いかがなものでしょうか。


> こころにぜいたくな”旅”でしたね。
> 中能登ゆったり旅は皆自分で計画建てられたのでしょうか?
> その気になれば見どころいっぱいなんですね。
> ≪乗ったのは私一人ではありませんか?≫そこが心配です。
プロフィール

さいせい

Author:さいせい
FC2ブログへようこそ!

最新記事八ヶ岳・清里
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR